ブログ

訴訟支援

フォレンジックスという技術は、証拠の取得や分析一般などまで広がるものであり、一般に訴訟支援といわれる分野となってきます。

e-ディスカバリーの分野とも関連しており、これらの分野は、フォレンジックスという分野の外縁をなしているということができるでしょう。

大まかにいえば、ひとつの事案を取り巻くデジタルデータが、細かいところまでみていくのが、フォレンジックス、大きく見て、関連しているものを早急にみつけだして、その中身を分析するのが、e-ディスカバリーのイメージしもしれません。(これは、大雑把なイメージなので、正確ではありません)

EDRM(e-discovery リファレンス モデル)が公表されており、膨大なデータから、特定の事案に関連するドキュメントを抽出する作業の標準的な手順が標準化されています。

この具体的な内容については、また、詳しく投稿しますが、この分野が、現在、きわめて大きなビジネスとなりつつあることは留意しておく必要があるでしょう。

関連記事

  1. 民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律案
  2. クラスアクション訴訟-バボララケット
  3. 英語ページを子ドメインにしました
  4. 無線LANただ乗り、電波法は「無罪」…懸念も
  5. 辻美紀弁護士が加入しました
  6. ネットワーク中立性講義 その10 競争から考える(2)
  7. 矢内良典弁護士が参加しました
  8. プロ人材、移籍制限歯止め 公取委、独禁法で保護 働き方、自由度…
PAGE TOP