新型コロナウイルス対抗のためのIT技術の利用-中国ヘルスコード

ヘルスコード(中国)とは、個人が地域を出入りする際の電子バウチャーの役割を果たすコードであって、ウィーチャットと、アリペイ を通して発行される。

例えば、日本語の記事としては、「地下鉄利用にもスマホで健康証明、経路記録 中国式デジタル追跡」があります。

中国語での一般的な説明はBaiduのこちら「健康码」

(日本語だと健康碼(けんこうば もしくは、けんこうま)-なお、漢字はこちら

2020年2月11日、浙江省杭州市が主導して健康コードモデルを立ち上げ、実施したそうです。

3色のコードは、これ。

赤色のコードは14日間隔離/黄色のコードは7日以内に隔離/緑色のコードは杭州に直接入ることができます

健康コード

重要人物の動的制御リストなどの関連データベースに接続され、人々が宣言した情報と背景データとの間の検証と比較結果に基づいて「健康コード」を発行

健康情報を記入した後、14日以内に新たに診断された患者や疑いのある患者と接触したかどうか、審査後にカラーコードが生成されます。

  • 緑色のコードを受け取る人はコードを通過
  • 赤色のコードと黄色のコードを受け取る人は規定に従って隔離され、カードをパンチする必要があります
  • 条件が満たされたときに緑色のコードに変換。

Alipayでは多くの復職者が健康コードを申請し、オンライン化初日には訪問数が1,000万件に達したという。

浙江省は2020年2月24日午後、流行防止・制圧業務の記者会見で、この日の12時現在、浙江省は合計5,047万件の健康コードを発行したと発表しました。

その後、2020年2月28日、山西省はヘルスコードを開始しました。

これまでのところ、国内200以上の都市がアリペイでヘルスコードを申請できるようになっています。そのうち、浙江省、四川省、海南省、重慶市、上海市、雲南省、山西省、湖北省などの省・市がフルカバーを達成している。アリペイは、秩序ある再開需要の高まりに伴い、都市の健康コードの適用範囲がさらに拡大し、適用範囲も拡大を続けていることを明らかにした。

技術的な資料としては「防疫通行码参考架构和技术指南」において説明があります。3月5日に深圳市政务服务数据管理局とテンセントとともに標準ドラフトを発表しました。

現時点では、「个人健康信息码」(個人健康情報コード)は、

  1. 《个人健康信息码参考模型》(参考モデル)(GB/T 38961-2020)
  2. 《个人健康信息码数据格式》(データフォーマット)(GB/T 38962-2020)
  3. 《个人健康信息码应用接口》(インターフェース)(GB/T 38963-2020)

からなりたつ標準となっているみたいです

外出行動のスコアリングモデルというとらえ方もできるかもしれません。独裁国家だからというのは、簡単ですが、1月で標準ドラフトをまとめて実施に移すというダイナミズムは、感嘆するばかりです。