接触確認アプリのソースコード公開について

5月19日にコード・フォー・ジャパンの開発してきた接触確認アプリのソースコードがオープンソースになっています。プレスリリースは、こちらです

Githubは、管理パネル、api、アンドロイド、iOSの四つのディレクトリから出来ています。

管理パネルをみていきますが、READMEで、データフローをみることができます。概観の大きなファイルは、こちら。

とか、データフローは、こちら(大きくはこっち)。

データの流れは、わかりますね。

この図で、近接接触者に流れる「陽性者交換用デバイスID」を個人情報だろうといっている人がいるのですが、どうなのでしょうね。この接触者が、受信した段階で、あとは、接触者からしか、扱わないですし、その人は、そのデバイスIDしか受信しないので、陽性ユーザが、このIDの人とは、識別できないですよね。

ある人にとって「個人情報」だったら、誰がいつ取り扱おうが、みんな「個人情報」という解釈に毒されているのでしょうか。よくわからないです。

ロゴとかもあります。

細かいところは、json読みきれないので、パスします。ごめんなさい。

今後は、厚生労働省さんが引き継ぐということで、仕様書とかもでています。

基本的な設計で、コンタクトトレーシングのデジタル化というところから、離れてしまったのは、個人的には、反対なのですが、リソースをかけて、きちんと対応しようとしているということで、更に注目していきたいと思います。