デジタル証拠

デジタル証拠とは、「デジタルデータによって組成される証拠」をいいます。

現代社会においては、社会の情報化にともなって、物事を判断するための根拠となりうるものが、デジタルデータによって組成されることがきわめて多くなっています。

しかも、このデジタルデータは、

  • うつろいやすいものであること(非確定性)
  • 生成されるデータ自体が、きわめて膨大になりつつあること
  • それ自体、可視性を有しないものであること
  • 形式が多様であること

といった特徴を有しています。駒澤綜合法律事務所は、このようなデジタル証拠の特性に対応した21世紀の法律実務に対応できる事務所です。

具体的には、

  • デジタル証拠取扱アドバイス
  • レビュープロトコル作成/マネジメント業務
  • ドキュメントレビュー業務の提供
  • 啓発活動・講演活動

などで、現代社会からの要望に応えています。